ドラマの主題歌を聴くなら!⇒PV無料動画ファイルナビJ−POP館

ファースト・キス 劇団ひとり

ドラマ ファースト・キス

進藤一流 役

劇団ひとり(げきだんひとり、本名:川島 省吾(かわしま しょうご)
生年月日 1977年2月2日 身長176cm、体重75kg。血液型はA型。
お笑いタレント、俳優、作家。千葉県千葉市出身。太田プロダクション所属。

高校1年の1992年に、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』内のコーナー「お笑い甲子園」に、バーテックスというコンビを組んで出場。その後太田プロダクション(以下、太田プロ)に所属しデビュー。なお、単独での契約だったが、これはバーテックスで相方を務めた男性にプロ入りの意思がなかったことによる。
太田プロに入ってからは、一時代子役として活躍した経歴のある劇団日本児童出身の秋永和彦とお笑いコンビ「スープレックス」を組み漫才を展開。当時より川島の才能や完成度は、コアなファンやお笑いライターに評価されていたが、ボキャ天ブームや『進め!電波少年』で、太田プロがU-turnや猿岩石などのグループをメインに売り出していたことや、川島自身の遅刻・ドタキャン癖が影響し、『爆笑オンエアバトル』などには出場していたものの、ブレイクの機会を逸したまま2000年5月に秋永の蒸発を理由にコンビを解散、川島はピン芸人として再出発することとなった。
ピン芸人になるにあたり芸名をネット掲示板で募り、そこに書き込まれた「カツカレー」を名乗ったことがある。しかし事務所に「カツ」という芸名の人物がいたために反対され、この芸名を使ったのは1週間ほどであった。
様々なキャラクターを演じ分ける一人芝居風のコント(後述)が評判になり、お笑いライブや『新しい波8』『完売劇場』などのテレビ番組で徐々に知名度が上がる。
2004年2月、『めちゃ²イケてるッ!』の「笑わず嫌い王決定戦」に出演。以降、メディアでの露出が次第に増える。また、俳優として、テレビドラマや映画などに活躍の場を広げる。
2006年1月、小説『陰日向に咲く』で小説家デビュー。
(2008年新春、『陰日向に咲く』がV6の岡田准一主演で映画化予定。)

2006年11月13日、“最も万年筆が似合う著名人”に贈られる「万年筆ベストコーディネート賞2006」を受賞。同賞は、輸入・国産筆記具メーカーや日本筆記具工業会など28社(協会)が共同で行っているプロジェクト。

↓↓↓劇団ひとりさんの関連作品↓↓↓





posted by 美緒 at 01:46 | ファースト・キス 劇団ひとり
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。