ドラマの主題歌を聴くなら!⇒PV無料動画ファイルナビJ−POP館

ファースト・キス 最終話 

ドラマ ファースト・キス 最終話 

 手術を受けることが怖くなった美緒(井上真央)は、秋生(平岡祐太)にその思いをぶつける。美緒は、この夏、和樹(伊藤英明)たちと楽しい時間を過ごし、秋生に恋をして幸せを感じるようになった途端に、成功率50%といわれる手術を受けることが怖くなってしまったのだ。秋生は、そんな美緒の思いを受け止め、彼女を抱きしめた。

 同じころ、和樹は、白鷺大学附属病院を訪れ、蓮子(松雪泰子)に会っていた。蓮子が秋生の代わりに函館医大に行くことを知った和樹は、どうして美緒と秋生のことで左遷されなければならないのか、と苛立ちを顕にする。だが蓮子は、今回のことは人事異動に過ぎないのだから和樹には関係ないことだ、とあくまでも冷静だった。そんな蓮子に、和樹は、「俺が行ってほしくないんだ」と告げる。蓮子は、和樹に礼を言うと、新しい場所で自分を試したいから函館に行く、と答える。するとそこに、秋生から電話が入る。美緒が手術を受けたくないと言っていることを蓮子に伝えるためだった。

 ほどなく、美緒が秋生とともに蓮子のもとにやってくる。事情を知った和樹は、驚き隠せなかった。蓮子は、話し合って納得できなければ手術を延期できるかどうかロサンゼルスの病院に確認する、と美緒に告げる。そのやりとりを聞いていた秋生は、たまらず口を挟んだ。秋生は、手術を止めても不安を抱えて生きていかなければならないのだから、可能性に賭けるべきではないのか、と主張した。美緒には後悔して欲しくない、というのだ。すると美緒は、何十年も生きるよりいまの方が大事だと秋生に言い放ち、診察室を出て行ってしまう。

 美緒のあとを追いかけた和樹は、病院前の道で彼女に背中を向け、乗るように告げる。和樹は、仕方なくおんぶされた美緒に、手術のことは自分で決めていい、と伝えると、秋生もきっと怖いのだと思う、と続けた。和樹も同じ思いだった。そんな和樹から、何年かかってもプロの写真家になる、という強い決意を聞かされた美緒は、その日を待つためにも手術を受ける、と答える。が、その代わりに最後のワガママを聞いて欲しい、と和樹に告げる。それは、ロサンゼルスに帰る前に、もう一度、和樹に写真を撮ってもらいたい、というものだった。 和樹は、一流(劇団ひとり)や勝(阿部サダヲ)、はるな(酒井若菜)にも協力を持ちかけ、美緒のウエディングドレス姿を撮ろうと決意する。

 美緒の帰国前日。和樹たちは海辺のレストランで美緒のお別れパーティー兼撮影会を開いた。勝と一流の手によって美しいウエディングドレス姿を披露する美緒。しかし秋生は、緊急のオペが入り、来ることができなかった。その席で、和樹は、パリに行くことを皆に報告する。

 あくる日、和樹は、美緒を見送りに成田に向かった。そこで美緒は、自分が死んだら読んで欲しい、といって、和樹に手紙を手渡す。と、そこに、秋生が駆けつける。ふたりを残してその場を去った和樹は、蓮子に電話をかけ、一人前になったらもう一度会ってほしい、と告げた。
 出発の時間が迫っても、美緒と秋生はその場を動くことができなかった。絶対また会える――秋生は、そう美緒に告げ、彼女にキスをした。

1ヵ月後、パリに渡った和樹は、フランス人写真家の面接を受ける。和樹が、美緒を撮った自分の作品を見せようとしたとき、手紙が落ちた。その手紙の封は切られていなかった。

 無事手術を終えた美緒は、りえ子(夏木マリ)と一緒にロスの浜辺にいた。車イスから立ち上がった美緒は、笑顔で太陽を見上げて…

過去記事

ま、まさか。。。。。「ファースト・キス」きになりますね!!
次回最終回「ファースト・キス」はたして、美緒は手術成功するのか!
お兄ちゃんは、カメラマンになれるのか!美緒の恋の行方は!
「ファースト・キス」見逃せません!!

更新分

「ファースト・キス」終わってしまいましたね。
美緒ちゃん無事成功してよかったよかった。
お兄ちゃんも海外でがんばって!
「ファースト・キス」最終回でした
posted by 美緒 at 02:18 | ファースト・キス 最終話
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。