ドラマの主題歌を聴くなら!⇒PV無料動画ファイルナビJ−POP館

ファースト・キス 第5話 

ドラマ ファーストキス 第5話

 美緒(井上真央)は、秋生(平岡祐太)から、これからは医者らしくけじめを持って接していきたい、と言われたことにショックを受ける。秋生に対する美緒の思いを感じていた和樹(伊藤英明)は、そんな妹のことが心配でたまらない。するとそこに諸畑(蕨野友也)がやってくる。諸畑は、師匠の番場(竹中直人)から写真展のチケットをさばいてくるよう命じられたのだという。和樹は、美緒のことを心配しながらも、諸畑とともに写真展のチケットを売りに出かける。

 残された美緒は、一流(劇団ひとり)の誘いを断るために、約束があると嘘をついて家を出た。行くあてのない美緒が向かった先は、和樹たちのところだった。和樹は、持ち前のノリの良さを生かして、道行く女性に声をかけていた。そんな和樹の姿にうんざりした美緒は、そこから立ち去ろうとした。そのとき、美緒は、コージ(大東俊介)という男とぶつかった。コージは、落とした花束から一輪の花を抜いて美緒に手渡すと、自分が働いているという飲食店に誘った。こっそり美緒の後をつけていた一流は、その一部始終を目撃していた。

 一方、秋生は、聞きたいことがある、と蓮子(松雪泰子)に切り出し、一緒に食事に出かける。秋生は、蓮子が橋のたもとに花を供えているところを目撃していた。蓮子は、担当患者が川に身を投げて自殺したこと、そしてその患者のことを愛していたことを秋生に告げた。蓮子は、まるで秋生の思いを拒絶するかのようにそう言うと、必死で勉強しなさい、と続けた。

 一流から、美緒がナンパされていたことを教えられた和樹は、心配になって家を飛び出した。その後を追う一流と勝(阿部サダヲ)。と、そこに美緒の姿が。美緒は、ナンパされて付いて行くわけがない、と言うと、後をつけたという一流のことを責めた。その態度に怒った和樹は、一流に謝れと美緒に命じた。が、美緒は謝ろうとはしなかった。和樹は、謝れないのなら出て行け、と言い放つ。

 家を出た美緒が向かったのは白鷺大学付属病院だった。事情を知った蓮子は、止むを得ず美緒を病室に泊めた。蓮子からの連絡を受け、病院に駆けつけた和樹は、そこで出会った秋生に、同情でもいいから美緒に優しい言葉をかけてやってほしい、と頼んだ。
美緒は、秋生の態度から、和樹が何かを頼んだことを見抜く。そこで美緒は、嘘のつき方を教えてあげる、と言って、自分の思いを秋生に告白し…。
posted by 美緒 at 02:32 | ファースト・キス 第5話
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。